Top
パオでクリスマス♪
f0167378_23532295.jpg
ビブリのクローズとともにキャンプシーズンが終わってなんとなくポケッと燃え尽き症候群のようになってしまったところでヒロさんが『パオに泊まりたい』だって
でももうすでに空なし状態で諦めていたところキャンセルが出てラッキーなことに『pica富士吉田キャンプ場』へ行ってきました♪
本当は西湖のほうが良かったのですが、まあとりあえずパオ~♪はどんなかな。。
チェックイン前に河口湖の天上山へ
ロープウェイで気軽に登れる山
あじさいや紅葉の時期は歩く人もいるでしょうがこんな時期歩くのは我が家くらいですかね~(笑)
頂上からの景色は最高でしたよ♪




f0167378_23534423.jpg

f0167378_2354026.jpg

それにしても私のブログに何度もしつこいくらいに出てくる『富士山♪』
我が家のベランダからも毎日見えるのに飽きないもんだわ
ヒロさんが富士山見るたびに『おまえあのてっぺんに行ったんだよな凄いよな』って言うのです
そしていつもの返事が『行く気になれば行けるよ誰でも・・行ってみる?』
返事は『・・・』なのでありますハイ
エルユイもいつも富士山バックに『マテ』でウンザリ顔?

f0167378_235414100.jpg

pica富士吉田は森のなかのキャンプ場
クルマの到着とともにいつもなら広い設営場所を我が物顔で足りまわるエルユイ
今回も鼻息荒く飛び出そうとする結ちゃんをなんとかリードして押さえ込むのに必死
空きが無いと言う事はイコール混んでるですよね
クリスマスを楽しむ家族連れ&グループがいっぱい
すぐお隣もパオ・パオ・パオで・・・比べちゃあいけないと思いつつ
それにしても暖房付きでマットレスと毛布も付いてるし今回初使用かなと思って持ってきたフジカストーブも全然必要ナッシングでした~
こんな快適なパオの中から出たくありません!(なんと軟弱)
夕飯はお鍋でポカポカ
エルユイにはソイカフェさんにお願いしたクリスマスケーキで少し早めのクリスマス♪
ヒロさんの運転でもなんとか崩れずサンタさんのお顔も可愛いわ
f0167378_23542631.jpg

前の晩も9時には床について翌日8時頃まで寝られるなんて凄い!
それにしても寝すぎ!だし
そんな翌日。。さてどこに行きましょうか
ヒロさんが『樹海をさまよいたい・・・』いやいや歩きたいそうで・・なんか悩みでもあるんですか?(笑)
富岳風欠から西湖野鳥の森公園まで遊歩道があって歩けるという事でのんびり行ってみることに
またまたこんな時期歩いてる人は皆無でして。。。エルユイとのんびり歩けましたよ♪
戻って来れなかったらどうしようかと思ってたけど(冗談)案内板もところどころにあって道もちゃんと分かるし葉っぱも落ちて日が差し込む樹海はとても神秘的な綺麗な風景でした
でもひとりではきっと歩けないかもしれません
f0167378_23543946.jpg

f0167378_23545046.jpg

エル君が時々遠くを見てるのは・・何見てるのかな?なんてね(笑)
結ちゃんはヒロさんのそばを離れず歩きます
エル君が先にどんどん行こうとすると『兄ちゃん先に行っちゃだめ!』といわんばかりに追っかけて行きます
私が後ろに少し離れるとちゃんと迎えに来てくれます
あちこちに目を配って守ってくれる我が家の番長ですね♪
f0167378_2355287.jpg

f0167378_23551343.jpg

西湖野鳥の森公園の裏側に出てきました
でもしっかり『芝生内ペット禁止』の看板に長居はできないなあとちょっと休憩して定番の写真を撮って戻ることにしました
エルユイとのんびり歩けて樹海散策もいいかも~(ヒロさん悩み事は・・?)

夜はダッチオーブンでローストチキン♪
さすがに一羽は二人で食べられないので骨つきモモを焼いたのですが、これがウマイ!
『魔法の鍋』というのは本当ですね、お肉が柔らかくて野菜もホウホク
焼くのは外でも頂くのはしっかりパオの中で(笑)
シフォンケーキは残るかなと思いつつふたりで『うまいうまい』と言いつつペロッと食べてしまいました
いやあキャンプに来て太るというパターンは相変わらずです!
f0167378_23552374.jpg

またまた富士山バックに写真♪
お天気も良く最後まで富士山三昧でした
今回思ったのが我が家は不便を強いられる場所じゃないとキャンプを味わえないということ(こじつけか?)
便利なキャンプ場では便利に浸かってしまって軟弱キャンパーの我が家はキャンプ気分味わえないのかもと思いました
そいういう点ではヒロさんはパオに満足だったかもしれないけど私は『う~ん?』
やっぱりお外でのびのび出来るキャンプがいいわあ
でも違う意味でこの二泊三日のクリスマスキャンプとても楽しかったです♪
[PR]
Top▲ | by hirosun_eluyui | 2011-12-23 21:55 | odekake | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://eluyui.exblog.jp/tb/16995138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆかり at 2011-12-27 22:56 x
樹海から戻ってこれてよかったよ~(な~んてねっ・笑)
エル君、何か見えたのかな?(笑)

読み応えありましたよ~楽しく拝見しました♪
パオ、なかなかいいじゃないですか~◎
いっぱい歩けて、いっぱい眠れて(笑)美味しいものもいっぱいの、素敵なクリスマス旅行だったね☆
それにしてもローストチキン美味しそう(^^)

富士山、私も大好きです♪
でも私もヒロさんと一緒で、行ってみる?の返事は『・・・』(笑)
これからもmichiyoさんのブログで沢山の富士山にあえるのを楽しみにしてますね☆
Commented by eve at 2011-12-28 14:03 x
素敵な写真!!本当にきれい!
冷たく透き通った気持ちの良い空気が伝わって来るわ!

ヒロさん同様、私も富士山を見るたびにいつも
「michiyoさんはアノてっぺんまで行ったのね」って思います
そして、ゆかりさん同様、私も返事は「・・・」です(笑)
↓の日記の写真なんて、見ただけでビビっちゃう;

いつもヘナチョコ山女でゴメンね~(´へ`)
Commented by michiyo at 2011-12-29 00:03 x
ゆかりさん♪
普通いまの時期だったらイルミとか賑やかなイメージよね
実際河口湖のイルミもパンフで見ると綺麗だし行ってみたかったな
まさか樹海歩きとは我が家っぽいでしょ~帰ってこれて良かった(笑)

ローストチキン初めてつくって食べたのだけどとっても美味しかった~
ダッチでつくるとサイコーです♪

久しぶりのキャンプ場の混雑賑やかさに閉口しながらもトイレは暖かいし近いし洗い場はお湯が出るしでなんと贅沢!と思いつつ楽しいキャンプでした
大好き富士山これからもいっぱい出てくるよー!
Commented by michiyo at 2011-12-29 00:12 x
eveさん♪
実際の景色はもっと透き通ってて大きいです、とにかく圧巻!
なるべく大きな写真で雰囲気伝わるといいなと思ってます

最後の写真、キャンプ場の裏から見える富士山は
あそこが登山道、あれが山小屋だ~とかすかにわかるぐらいの距離でした
まじかに見てるとまた行ってみたいなあと思う今日この頃
まさか連れてはいかないのでご心配なく(笑)

むかし道もむかしにならないうちに行きたいものです。。。
Commented by エルママ at 2011-12-30 23:06 x
富士山私も大好きです!!
michiyoさんの美しい富士山や他の山々のお写真を拝見していると
私って相当地べた生活をしているもんだ(^_^;)とつくづく思います。
樹海、近くまで行ったことありますがやっぱり怖そうでした!
エルくんの凝視・・・・・あるいはですかねぇ(・・;)
我が家のエルもたまにあらぬ方向をじっと見ていることがあります。
ワンコの飛蚊症は聞いたことがないし(笑)、やっぱり私達とは違う
センサーを持っているのかもしれませんね。それにしても、
ちょっと不便なくらいの方がキャンプらしさを味わえる、なんて、
一度は言ってみたいセリフですぅ(`´)
およそインドア派に生まれてしまった私のようです。

前のブログのあっくんとゆいちゃんのフリスビー綱引き、とっても
可愛かったです!!ゆいちゃんにとってはあっくんはいいライバルなのかしら(*^_^*)
また来年もエルくんやゆいちゃんのお姿や大自然のお写真、楽しみにしています!
ではどうぞ良いお年をお迎えください♪
Commented by michiyo at 2012-01-02 11:59 x
エルママさん♪
お返事遅くなりました~良いお年を向かえましたか
お天気も良く富士山も良く見えましたね
これからも我が家のブログにはちょくちょく富士山が
登場することでしょう
エル君のおかげで我が家はアウトドアのドアを開けました
結ちゃんを迎えて理由はまあまあとしてアウトドアがより
身近になりまして今はキャンプに行きたくてうずうずしています
これからものんびりではありますが我が家のアウトドアライフに
お付き合いしていただけたらありがたいです♪
今年もエルちゃんと楽しい一年お過ごしくださいね
<< 我が家の年末年始 | ページトップ | 輝く富士山・・岩殿山 >>
"Spring Flower Border" Skin
by Animal Skin